「自由」といえども、決まり事はあります

「あの方と話をしてみたい」と思えるような相手が見つかれば、個別にコミュニケーションをとることができる。それが「フリータイム」のメリットです。ただ、「自由に過ごしてよい時間」という枠組みの中でも、社会的なルールは存在します。最低限の礼節を備えておくことが肝心です。

コミュニケーションを取ろうとする気持ちが大切

女性の知り合い同士で、ガードを固めてしまうのは良くないですね。男性からすると近寄りがたく、引っ込み思案の男性などはアクションを起こせず、接点が得られないまま終わってしまうでしょう。女友達といっしょに参加して、会場でも内輪でまとまっていたのでは、婚活パーティーに来た意味がないのです。

極端な言い方をすると、男性が話しかけやすいように、敢えて「スキ」をつくって待つぐらいのテクニックがあっても良いと思います。「心細いから女友達といっしょに参加した」というのであれば、協力しあって男性にアプローチするのも方法のひとつです。ただし、お目当ての人が重なった場合など、トラブルにならないよう注意しましょう。

「自分はシャイだから」と開き直るのも、あまり感心しません。声をかけてきてくれた相手に対して、社交辞令であっても、きちんと応じられることが、社会人として当たり前の姿です。逆に、おとなしい方や人見知りする方と相対する場合は、自らが会話をリードするよう心がければ、その場もなごむことでしょう。

オシが強過ぎると、引かれてしまいます

仲良くなりたい、という気持ちはわかります。しかし会ったばかりです。最初からイケイケどんどんの態度をあからさまにするのは、良くないでしょう。接近したい気持ちを前面に押し出しすぎると、逆効果です(相手によっては)。他の方が見ているという手前、体裁もあります。程よい距離の「匙加減」を考えましょう。

パーティーの基本理念

婚活パーティーだからといって、何も異性とだけ交流しなければならない、と頑なになる必要もありません。パーティーなのですから、一人で参加している知らない同性と談笑してもいいわけです。異性に対するマナーというよりも、その催しに参加した他のすべての方に対して、失礼のないよう気をつけるべきです。「できるだけ良いご縁をつくりたい」という積極的かつ謙虚な気持ちで、イベントにのぞみたいですね。

フリータイムを上手に使うために

限られた時間の中で、自分に合った相手を見つけることは、案外むずかしいのかもしれません。良い出会いを得るためには、何を話題にすればよいか、周囲も楽しくなる会話の方法など、日頃から身につけておきたいものです。